ペット

財産分与には税金も課せられるのはどうして?

遺産をもらうとき、遺産の市場価値が高ければ税金が発生します。
もったいないと思う人も多いかもしれませんが、法律で決められているので納税しなければなりません。
それと同じように、財産分与においても税金が課せられます。
ただ、一般的に財産分与で税金がかかってしまうことは少ないと言われています。
よほど財産分与の経済的価値が高いような場合は、税金がかかってしまいますがそうでない場合は、あまり心配する必要はないでしょう。
遺産においても、市場価値がそこまで高くなければ税金のかかるようなことはありません。
同じような性質だといえるでしょう。

贈与税や相続税の対策として、離婚する人がたまにます。
そのような場合は、贈与税が発生するということを忘れてはいけません。
財産分与の税金は法律で決められているので、まもりましょう。

財産分与の対象にならないものもあります。
財産分与の対象になるものは夫婦2人で築き上げてきたものなので、結婚する前の使っていたものなどは財産分与対象にならないのです。
財産分与といえば、プラスのイメージばかりあるかもしれませんが負債をせおってしまうような可能性もあります。
夫婦2人の生活のための借金ならば、2人で半分ずつ返済していく義務がありますよね。
個人的にどちらか一方が借金していたような場合は、財産分与の対象にはならないので安心しましょう。

このページの先頭へ