ペット

財産分与の有効期限は一般的に存在していますか?

財産分与には有効期限があります。
時効が過ぎてしまうと、財産分与を請求することができなってしまうので気をつけなければなりません。
離婚が成立してから2年以内でないと、財産分与を請求することはできなくなってしまいます。

慰謝料と財産分与が違うので、慰謝料の場合は離婚してから3年以内にしなければなりません。
どちらにしても、それ以上になってしまうと法律上請求できなくなるのですから、離婚する場合にはしっかりとそれを頭に入れておかなければなりません。
離婚する前は、様々な知識が必要になるのです。
全くの知識なしに離婚に向かってしまうと、自分が困ってしまうことになるのです。

女性は、専業主婦として家庭を守っている場合も多いですよね。
そうなると離婚したときに、経済的に困窮してしまうことになります。
子供を引き取るような場合は、余計に経済的に困ってしまうことでしょう。
だからこそ離婚する時には財産分与が大切になってくるのです。

働くにしても、すぐに働き口を見つけることむずかしいですし、今まで働いていなかったのであれば、アルバイトやパートから始めなければなりませんよね。
そうなると生活する程稼げないことも多いです。
子供がいれば、フルタイムで働くことはできなくなってしまいます。
財産分与で、経済的困窮を埋めていく必要があるでしょう。

このページの先頭へ