ペット

子どもの養育費は財産分与とする事は一般的に可能でしょうか?

離婚する時、子供がいる場合女性側が引き取るのが一般的です。
女性側が引き取った場合、男性側に養育費を請求することが可能です。
養育費がなければ、子供を育てて行くのは難しくなってしまうでしょう。

養育費は子供を育てるために必要なお金で、教育費や医療費に使うことになります。
養育費は男性側が絶対に払うと決まっているわけではなく、子供と暮らしていない方の親が支払うと決まっています。
なので、父親と子供が暮らすような場合は、女性側が支払うこともあるのです。
養育費の金額は、夫婦2人で話し合って行くことになります。

養育費定義というものが裁判所から提示されているので、それを参考にすると良いでしょう。
養育費は子供が大人になるまでと決まっているので、成人するまでは支払っていくのが一般的です。
しかし、養育費をいつまで支払うかというのは、人によって変わってきます。
養育費を支払わないで放置しておく、無責任な親もいるくらいです。

財産分与と養育費は性質が違います。
養育費は子供を育てるためにこれから必要なお金、財産分与は2人の共有財産を分けることです。
子供がいなければ養育費を請求することはできませんが、子供がいないような夫婦でも財産分与ならば請求することが可能です。
離婚する際には請求しましょう。

このページの先頭へ