ペット

財産分与の調停と裁判の違いは一般的にどのような物がありますか?

離婚するならば財産分与で、自分の財産は守らなければなりません。
財産分与とは、結婚している間の夫婦共有の財産を2人で分けることです。
基本的に財産分与は、半分ずつという決まりになっています。
片方が働いていて、もう片方が働いていないような場合でも、その条件が変更になることはありません。

離婚する時財産分与に関してお互いが納得したならばスムーズに離婚することが可能ですが、財産分与で話し合いがうまくいかないこともあります。
むしろその方が多いかもしれません。
家庭裁判所に調停の申立てをすれば、納得のいく財産分与を求めていくことができるのではないでしょうか。
お互いが納得いく形で、話し合いが進められることになります。

調停がうまくいかず話し合いが進まなかったような場合は、裁判になります。
それを望まなかったとしても、お互いの合意を得ることができないならば、そのような流れになるのです。

離婚で精神的にダメージを負ってしまう人は多いです。
弁護士などを専門家に相談すると、精神的なダメージを和らげることができるのではないでしょうか。
誰だって最初はわからない事だらけなので、専門家の意見はとても参考になりますし、孤独な戦いから抜け出すことができて正しい道を歩むことができます。

このページの先頭へ