ペット

財産分与に対象となるものは一般的にどのような物がありますか?

財産分与は、対象になる財産と対象にならない財産があります。
離婚する可能性があるならば、或いは離婚の計画を立てているならば、財産分与についてしっかりと理解しておく必要があるでしょう。
もらえる分はもらっておかなければ、損してしまいますよね。
さらに、財産分与で今後の生活を支えていくことも可能です。
特に女性には、それが重要になってくることが多いです。

午後の共有財産は、財産分与の対象となります。
夫婦2人で購入したものや、夫婦2人で貯金していたお金等がそれにあたります。
お金の名義がどちらか一方になっていたような場合でも、夫婦2人が貯金ならば財産分与の対象となります。

財産分与の対象にならないものは、結構前からそれぞれが持っていたものです。
結婚前から持っていたのですから、夫婦二人の共有財産ではありませんよね。
夫婦2人の貯金は共有財産になり、財産分与の対象になりますがお互いが働いていて、生活費以外で各自貯金していたような場合は、財産分与の対象になりません。

このように財産分与には様々なルールがあるのです。
それを知っておかなければ、離婚の際もらえるものがもらえなくなってしまう可能性だってあります。
話がもつれてしまうような場合は、裁判所まで持ち越すことになるでしょう。
一般的な財産分与の割合についても参考にご覧ください。

このページの先頭へ