ペット

財産分与の対象外となるものは一般的にどのような物がありますか?

離婚する際財産分与しなければなりませんが、財産分与の対象にならないものもあります。
結婚前からそれぞれが購入していたものや使っていたものは、財産分与の対象になりません。
それまで財産分与の対象になってしまったら、大変つらいですよね。
財産分与対象になってしまうのは夫婦2人の意見で購入したものや夫婦2人の合意のもとを貯金していたお金などなので、けっこう前に購入したものや使っていたものはそれに当たらないのです。

財産分与の対象外になるものは、その他にもあります。
例えば夫婦2人で働いていたような場合、お互いが生活費を入れている場合が多いですよね。
生活費以外はそれぞれで貯金していこうと決まっていたならば、それらの貯金は財産分与の対象外になるのです。
財産分与について詳しく知らないと、わからないことですよね。

夫婦2人で、選んで購入したものは財産分与の対象になります。
インテリア家具を購入する時は、夫婦2人で選ぶことがほとんどですよね。
それらも、財産分与の対象となるので話し合って分けていかなければなりません。
話で財産分与の割合が決まらないような場合は、法廷に持っていかなければなりません。
法廷で、公平に財産分与してくれることでしょう。

このページの先頭へ