ペット

退職金の財産分与は一般的にどのように処理されますか?

退職金は財産分与の対象になるのかならないのか、退職金をもらえる年齢の人ならば、とても気になることですよね。
最近は熟年離婚が増えているので、退職金が財産分与の対象になるのかならないのか、注目が集まっています。
退職金は、結論からいうと財産分与の対象になります。
退職金を渡す方にすれば酷な話かもしれませんが、夫婦2人の協力があってこそ退職金をもらうことができるという考え方なので、財産分与の対象になります。
賃金の後払いという言い方もできますよね。

退職金が出るのを待って、離婚を持ちかける女性も多いということです。
男性側からすれば、おそろしいことかもしれませんが、退職金も給与の一環として考えられるので、50%を持って行かれてしまうのです。

離婚はしないに越したことはありませんが、今の夫婦の形に不満があるならば、新しい明日を手に入れるためにも一歩踏み出す勇気は必要ですよね。
女性は、専業主婦として今までやってきたならばすぐに正社員として働くことは難しいですし、アルバイトやパートを見つけるのも一苦労です。
離婚による経済的な損失を補うためにも、財産分与で自分の財産をしっかりともらっておかなければなりません。
それが生活の足しになるのです。

このページの先頭へ