ペット

借金の財産分与とは一般的にどんな物ですか?

離婚するとなると財産分与することになりますが、財産とは良いものばかりではありません。
借金も、財産の一部だといえるからです。
お金の財産分与だったり家具などの財産分与の場合は少しでも多くもらいたいと思うのは人の当然としての心理ですが、借金は財産分与でもらいたくないですよね。
借金の内容によっても、財産分与の対象になるものと対象にならないものがあります。

財産分与の対象になる借金は、夫婦2人の作った借金です。
生活費の支払いで借金を作ったような場合は夫婦2人の財産となりますし、夫婦の生活を送っていく上で作ったような借金もまた2人で分けなければならないことになります。

財産分与の対象にならない借金とは、どのようなものなのでしょうか。
どちらか一方が、自分の為に借金したような場合は、夫婦2人の借金にはならないので、財産分与の対象にもなりません。
ただ、夫婦の場合連帯保証人になっていることは多いですよね。
連帯保証人になっていると、財産分与の対象にならないとは言っていられません。
支払っていく義務が生じてしまいます。

財産分与を対象になるもの対象にならないものがあるので、離婚する可能性のある人はそれについて勉強しておく必要があるでしょう。
インターネットで調べても財産分与について勉強できますし、専門の本ならばより詳しくわかるのではないでしょうか。

このページの先頭へ