ペット

離婚の時、ペットは共有財産とする事は一般的に可能でしょうか?

最近は、ペットを飼う人が増えてきていますよね。
子供がいない代わりにペットをかわいがっている人も沢山います。
ペットこそが本当の子供だと感じるくらいに、大切にしている家庭は多いのではないでしょうか。

夫婦2人の生活で、ペットを大切にしているところも多いです。
夫婦2人でペットを飼っている場合、離婚するとどうなるのでしょうか。
財産分与において、ペットも共有財産として分けることになるのでしょうか。

離婚の財産分与において、ペットもまたその対象になります。
最近ではペットを本当の子供のようにかわいがっている夫婦が増えてきているので、お互いに引き取りたいと主張してもめてしまうようなケースも多いということです。
ペット社会が進んでいる今、そんな事例がどんどん増えていくのではないでしょうか。

離婚の際に、どちらがペットを引き取るかもめてしまったならば、まずは話し合いすることになりますが、それでも無理ならば調停や裁判で争うことになります。
子供の親権を争うみたいですが、最近ではペットでも珍しくないのです。
動物だからと言って適当に判断がくだされるわけではなく、どちらがペットの生育環境にふさわしいが、大切にするかなど様々な状況を踏まえた上で、どちらが引き取るか決められます。

このページの先頭へ