ペット

財産分与の内容は公正証書にして方が後々便利になるのはどうして?

財産分与の内容は、公正証書にしておく的です。
その方が、何かと便利なのです。
公正証書があれば、財産分与が支払われなかったような場合、強制執行することが可能です。

財産分与について当人だけで話し合いをして、合意文書を作成したとしても、それは法的な力を持っていないのです。
従って、合意文書があったとしても財産分与の強制執行はできません。
公正証書があれば、強制執行することができるので、大変便利ですし約束を守ってもらうことができます。
相手に約束を守らせるためにも、公正証が大切なのです。

退職金は財産分与の対象になるのか、ペットは財産分与の対象になるのか、いろいろとわからないことは多いですよね。
まず、退職金も財産分与の対象になります。
なぜ退職金まで財産分与の対象になるのでしょうか。
夫婦2人で長年協力した末に、退職金が払われるということですよね。

つまり夫婦2人の共有財産になるのです。
後払い賃金という考え方です。
ペットも、財産分与の対象になります。
どちらも引き取りたいような場合は、調停や裁判で決着をつけることになります。
ペット社会が進んでいる今、もめるケースは増えてきていると言うことです。
それが今の財産分与の現状だといえるでしょう。

このページの先頭へ