ペット

夫婦のお金を2人で分けるとは一般的にどのようになりますか?

離婚するとなると、財産分与しなければなりません。
結婚生活している間の財産は、2人のものとみなされます。
ですので夫が働いていて、女性が専業主婦の場合でもしっかり女性は財産分与をもらうことができますし、逆に女性が働いていて男性が家にいるような場合でも、同じように2人は平等に財産分与されることになります。
夫婦で貯金していたお金を分けるような場合も、半分こになります。

働いている方が入れていたお金だとしても、夫婦の共有財産だと言う考え方だからです。
働いていた方は、納得がいかないかもしれませんが法律でそのように定められています。
ですので、離婚する危険性があるならば財産の把握をしっかりしておかなければなりません。

財産分与に際し、相手が財産を隠すようなことがあります。
隠されてしまえば、本当は共有財産だったのにもらえなくなってしまう可能性があり、損してしまうといえるでしょう。
そんなのはずるいですし、悔しいですよね。

財産分与に当たらない財産は何でしょうか。
それは、結婚前からお互いが持っていた財産です。
けっこう前から持っていたものならば、2人の共有財産ということにはならず、財産分与する必要がなくなります。
財産分与にもいろいろなルールがあるのです。

このページの先頭へ