ペット

不動産の財産分与とは一般的にどんな物ですか?

離婚するとなると財産分与しなければなりませんが、財産分与はお金だったり家にある家具だったり、家電製品だったりいろいろです。 2人の貯金を半分こ、それぞれ好きな家具を持っていく、それならば分かりやすいですが不動産の場合はどうなるのでしょうか。 不動産を財産分与するような場合は、法務局へ登記申請しにいかなければなりません。 不動産の財産分与は結構ややこしいので、弁護士に頼む人も多いです。 財産分与となると元夫婦でもめてしまうことも多いです。 不動産のような大きなものになると、お互いが自分の権利を主張することになるので、法廷で決着をつける可能性も高くなってきます。 不動産を財産分与するような場合は、最初から弁護士に相談しておくとスムーズに話が進むかもしれません。 不動産を法務局へ登記申請すれば1週間程度で申請が受け入れられて完了します。 弁護士にお願いしていたような場合は、書類をもらえるでしょう。 離婚は今や珍しいことではありません。 離婚を専門的に扱っている弁護士もいるくらいです。 専業主婦で働いていなかったような女性でも、離婚する時基本的に共有財産は半分もらえると決まっています。 弁護士に頼むことで、もらえる分をしっかり取とることができるでしょう。

このページの先頭へ