ペット

財産分与は一般的に誰が決めているの?

財産分与は法律で決められています。
夫婦共有の財産ならば、半分こしなければならないです。
たとえ旦那さんだけが働いていて、すべてのお金を稼いでいるような場合、すべての貯金のお金を入れているような場合でも、夫婦2人の意思ならば共有財産となり専業主婦である奥さんの財産でもあると決められているのです。
だから、それらを半分こしなければなりません。

もちろん逆の場合も同じです。
最近は、女性が働いていて男性が家を守っているようなパターンも増えてきていますよね。
女性の社会進出が進んでいる今、そのような夫婦の形は珍しくなくなってきています。
そのような場合も、同じように財産は2人で半分こします。
法律で決められているので従わなければなりません。

離婚する時財産分与することになりますが、話し合いで解決したならばスムーズな離婚を望むことができるでしょう。
しかし、話し合いで解決できなかったような場合は弁護士に頼む必要があります。
弁護士に頼むことで弁護士費用がかかってしまいますが、それでも、自分の財産を主張することは大切ですし主張する分の財産を手に入れることができたならば、弁護士費用もチャラにすることができます。
財産分与でもめてしまい、裁判にまで発展する夫婦は多いです。

このページの先頭へ